人形遣いアリスの館

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ゲーム批評】RADIANT HISTORIA

<<   作成日時 : 2010/12/06 08:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

クリア時間37:04
メイン
ストック49Lv
アト48Lv
エルーカ40Lv
達成度227/236

でした。
音楽 下村陽子とATLUSのゲームだということに惹かれて買ったのですがなかなか良かったですね。

ロザンナ「時間移動の能力を手に入れた主人公がフラグを叩き折りながら正しい歴史を目指す物語のRPGなのね。
その割には普通のシナリオの進み方だったけど。」


シナリオが先に進まないから過去に戻って選択肢を試行錯誤するようなのを想像していたわけですが、実際のところは選択肢を間違えれば即バッドエンドという形式でしたね。
もっともサブイベントでも選択肢の間違いは情け容赦なくバッドエンドですが。

ロ「お話として仕方ないとはいえ、恋人同士の仲を取り持たないと世界滅亡にいたるなんてどれだけ濃い人生してるんだか。」

全体的には正伝と異伝という二つの平行した時間のシナリオを進めていく形になってるのですがそれで片方のルートでは手に入らないアイテムや技を持ち込んで障害を突破していくのが時間移動をうまく表しています。
もっともいまだにパラレルワールド側の人物にまで行動の影響が現れるのかがわかりにくいわけですが。
(確かに誰かいたはずなのに誰だったかわからないというふうにあらわされる。)
最後のほうの宇宙戦艦ヤマトの2番のサビみたいな展開といい好きなタイプのシナリオでアタリです。

ロ「良くわからんたとえしなくてもいい。」

戦闘
結構凝ったものでしたね。
ターンパネルがあって敵味方の行動順がわかり味方が続けて行動するとコンボになる。
ここまでは普通ですが
●チェンジで味方の行動順を変えられる
●相手のフィールドは3×3になっていて一部スキルで強制移動ができる
●同じマス目に敵がいるとまとめて攻撃できる
というところが変わってましたね。
MPも多めだしガンガンスキルを使って効率よく敵を倒していくのが快感だったり。
けどトラップの威力強すぎじゃないかと・・・

ロ「仕掛けて動かす手間はあるし動かない敵や大きすぎる敵には使えないからこれでいいんじゃない。
フィールドはシンボルエンカウントなのね。
避ける手段も多いみたい。」


無駄にレベルが上がらなくていいですね。
レベル上げて圧殺っていうのは嫌いですし。
それでも何とかなるということはそういうプレイ推奨なのかな。

とりあえずラスボスが全滅する心配はないんだけどうっとうしいというのは初めてです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ゲーム批評】RADIANT HISTORIA 人形遣いアリスの館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる